Skip to main content Go body Go Menu
G03-8236672469

AB InBev, 「親環境企業ビージョン」宣布

NSP NEWS AGENCY, By SANGJIN BAK Journali, 2018-04-01 22:10 JPD7

(Seoul=NSP通信) SANGJIN BAK Journalist = OBビールのグローバル本社のAB InBevは環境保全を主題とした中・長期企業ビージョンを宣言した。

AB InBevは農業・水の補給・資源の循環・気候の変化など四つの分野で消費者たちと一緒に100年以上を同行すると言う意味の「100+」目標を設定し、持続可能な経営と社会的責任をますます強化していく計画だ。

AB InBevは段階的に▲2025年まで農民との相生のため、供給契約を結んだすべての農民たちに設備や技術を支援し。▲全世界すべての水不足地域を対象に水の供給と水質改善事業を拡大する事にした。

G03-8236672469

また、▲2025年まですべての生産製品に使える容器と包装材のリサイクル率を100%まで上げて▲使用電力の100%を再生エネルギーで充用し、「カーボンフットプリント」を25%節減する予定だ。

AB InBevの最高経営責任者(CEO)であるカルロス・ブリトは「気候変化は地球が直面した一番深刻な問題であると同時に、当社のビール製品の生産に必要な天然資源にも大きな影響を及ばすことができる」と述べた。

NSP通信/NSP TV SANGJIN BAK Journalist, psj554@nspna.com
著作権者ⓒ韓国の経済ニュース通信社 NSPNEWS·NSPTV。 無断転載 - 再配布禁止。