404浦項工科大学校の教授団、バッテリーエネルギー変換・記憶装置の効率上げる技術開発 - NSP NEWS AGENCY(Japanese)
Skip to main content Go body Go Menu
G03-8236672469

浦項工科大学校の教授団、バッテリーエネルギー変換・記憶装置の効率上げる技術開発

NSP NEWS AGENCY, By sora kim Journalist, 2019-05-22 11:24 JPD7
#포스텍 #浦項工科大学校 #バッテリー #エネルギー #ナノ触媒粒子

(서울=NSP통신) sora kim Journalist = 浦項工科大学校の新素材工学科のチェ・ギョンマン名誉教授とキム・ゴンジュン博士、チャン・ヒョンミョン名誉教授とハン・ヒョン博士チームは簡単なモデル研究を重ね、ナノ触媒粒子の湧出現象を通じエネルギー変換や記憶装置の効率を上げられる触媒構造を新たにデザインしたことで注目を浴びている。

従来はナノ触媒粒子を真空蒸着の工程を経て作り上げたもののこの方法は製造時間やコストがかかる。特に熱的不安定が高く限界があった。

しかしナノ触媒粒子を湧出させる方法を使うとナノ触媒粒子の安定性についての問題を解決できる。触媒の性能を極大化するためにはナノ触媒粒子の大きさや分配を調節することが重要だ。

G03-8236672469

そのため研究チームは簡単なモデル研究を重ねて結晶学の面によって決定する湧出現象の特性を研究した。また界面エネルギーと格子変形エネルギーが湧出ナノ触媒粒子の打ち込まれた仕組みや大きさ、分配に与える影響についても議論した。

その結果、高い性能の触媒構造をデザインするためには比較的低い界面エネルギーまたは高い格子変形エネルギーが良いということを確認した。

この技術が拡大し実際の工程で使われるようになれば爆発危険のない全固体電池や次世代燃料電池、電源が切れてもメモリーが保存されるメモリ主導型コンピューティングの開発といったエネルギー変換・記憶装置の効率を上げる素材として活用される見通しだ。

NSP通信 sora kim Journalist aoiakisora@nspna.com
著作権者ⓒ韓国の経済ニュース通信社 NSPNEWS·NSPTV。 無断転載 - 再配布禁止。