Skip to main content Go body Go Menu
G03-8236672469

サムスン電子、超低電力車載用UFS3.1量産

NSP NEWS AGENCY, By Min-jung Kim and Bok-hyun Lee, 2023-07-13 18:41 JPX7
#サムスン電子 #超低電力 #車載用UFS3.1 #車載インフォテインメント
NSP통신- (사진 = サムスン電子)
(사진 = サムスン電子)

(Seoul=NSP NEWS AGENCY) = サムスン電子は車載インフォテインメント(In-Vehicle Infotainment)UFS3.1メモリソリューションの量産を開始した。

UFS3.1(Universal Flash Storage 3.1)は、国際半導体の標準化機構 JEDEC(ジェデック)の内蔵メモリー規格であるUFSインターフェースを適用した次世代超高速フラッシュメモリーだ。

今回の製品は256GBラインナップ基準で、前世代製品対比の消費電力が約33%改善された。向上した消費電力で自動車バッテリーの電力運営効率を高めることができ、電気自動車、自動運転車などに最適なソリューションになるものと期待される。

G03-8236672469

今回の製品はIVIシステムに最適化されたソリューションで128GB、256GBだけでなく、今年第3四半期に生産する予定の512GB製品まで供給し、顧客の多様なニーズを満たすものと期待されている。256GB製品基準で連続読み取り速度2,000MB/s、連続書き込み速度700MB/sを提供する。

また、今回の製品は車載用半導体品質の基準であるAEC-Q100グレード2を満足している。105℃から氷点下40℃まで幅広い温度範囲で安定した性能を保障する。

サムスン電子は今回の製品の量産を通じて電装ストレージ製品の応用先を拡大し、2022年に発売した先端ドライバー支援システム用(Advanced Driver Assistance System)UFS 3.1製品と共に車載用半導体市場を積極的に攻略する計画だ。

ⓒNSP News Agency·NSP TV. All rights reserved.