Skip to main content Go body Go Menu
G03-8236672469

「銀行債金利下落」で先月の不動産担保ローン金利が2ヶ月連続下落

NSP NEWS AGENCY, By Min-jung Kim and Soo-in Kang, 2024-01-31 17:33 JPX7
#貸出金利 #受信金利 #不動産担保ローン金利 #銀行債5年
NSP통신- (Graph = 韓国銀行)
(Graph = 韓国銀行)

(Seoul=NSP NEWS AGENCY) = 先月、企業貸出と家計貸出の金利が共に下落し、貸出金利が前月対比0.12%p下落した5.14%と現れた。貸出金利は昨年8月以後4ヶ月ぶりに下落転換した。長期指標金利である銀行債5年金利が下落した影響だ。

31日、韓国銀行が発表した「2023年12月金融機関加重平均金利」によると、12月中に新規取り扱い額基準の貯蓄性受信金利は年3.85%で、前月対比0.14%p下落した。貸出金利は年5.14%で前月比0.12%p下落した。

企業貸出の金利は5.25%で前月対比0.01%p下落、中小企業の貸出金利は5.31%で0.11%p下落した。企業貸出の金利は昨年8月(5.21%)以来4ヵ月ぶりに下落転換した。

G03-8236672469

家計貸出の金利も4.82%で前月対比0.22%p下落した。家計貸出の金利は昨年7月(4.80%)以来5ヵ月ぶりに下落転換した。不動産担保ローン金利は昨年10月以降2ヵ月連続下落し、4.16%となった。

韓国銀行の金融統計チーム長は「コフィクス(COFIX)上昇と特例ボグムジャリローン金利引き上げにも長期指標金利である銀行債5年金利下落の影響で不動産担保ローンの貸出金利が下がった」と説明した。

ⓒNSP News Agency·NSP TV. All rights reserved. Prohibits using to train AI models.