Skip to main content Go body Go Menu
G03-8236672469

現代百貨店グループ、株主還元強化に乗り出す

NSP NEWS AGENCY, By Min-jung Kim and Bok-hyun Lee, 2024-02-08 15:54 JPX7
#現代百貨店グループ #株主還元強化 #中長期配当政策 #自己株式の消却
NSP통신- (Image = 現代百貨店グループ)
(Image = 現代百貨店グループ)

(Seoul=NSP NEWS AGENCY) = 現代百貨店グループは持株会社である現代GFホールディングスをはじめ、現代百貨店、現代ホームショッピング、現代グリーンフードなど、グループ内上場系列会社10ヶ所が各々理事会を開き、中長期配当政策(2024年~2026年)を樹立したと明らかにした。

中長期配当政策によると、現代百貨店は今後3年間、最小配当額を従来の最低1000ウォン以上の配当から1300ウォン以上に引き上げ、現代ホームショッピングは今後3年間、1株当たり2500ウォン以上の配当額を株主に保障することにした。

現代グリーンフードと現代GFホールディングスは、昨年1月に発表した配当政策に合わせて、配当総額を人的分割および有償増資前より高い水準に策定することにした。現代グリーンフードは今後3年間、1株当たり少なくとも325ウォン以上配当することにした。現代GFホールディングスも最小1株当り150ウォン以上配当する政策を樹立し、23年も1株当り配当額は50ウォン上方修正された200ウォンを支給する案を公示した。

G03-8236672469

ハンソムと現代リバート、現代イージーウェル、テウォン工業、現代エバーダイムの5つの系列会社は、グループの前向きな株主価値向上基調に合わせて、初めて中長期配当政策を樹立した。これらの会社は今後3年間、最小配当性向(配当金比率)を10~20%台に維持する方針だ。

現代百貨店グループ関係者は「各系列会社の今年の営業実績が変数ではあるが、中長期配当政策の樹立で24年度配当規模は23年度対比増えると予想している」と明らかにした。

2023年度の現代百貨店グループ全体の配当規模は、22年度(1434億ウォン)比16.4%増の1669億ウォン水準に拡大する見通しだ。

ⓒNSP News Agency·NSP TV. All rights reserved. Prohibits using to train AI models.